【バスツアー】戸隠神社五社めぐりへ行ってきた!

【バスツアー】戸隠神社五社めぐりへ行ってきた!

 

当方、8月9日(金)より8月18日(日)ますでの夏季休暇に入りました。

しかしながら、2回のゴルフの予定があるのみにて、なにもすることがありません。

山の神(家内)からも、「どこかに連れてけ!」との矢のような催促が飛んできます。

そこで急遽、休暇に入る1週間前の8月4日(日)に予てから行ってみたいと思っていた『戸隠』に行くことを決めたのです。

 

 

戸隠五社めぐりツアー

 

当方が申し込んだツアーは、下記のようなスケジュールとなります。

ツアー行程表

 

日帰りで東京から長野まで行って帰ってくるだけでも大変なのに、その上『戸隠神社五社』全てを巡るなど正気の沙汰ではりません!

しかも現地に向かう8月10日(土)は、帰省ラッシュの真っ只中です。

自分の車でドライブをするとしたら、絶対に選択しない行程であることは間違いありません。

座って、寝ながら行けるバスツアーだからこそ、行ってみる気になったのです。

 

案の定、現地への道中は渋滞だらけで、現地に到着したのは予定より1時間半も遅延した13:00頃となってしまいました...。

 

 

戸隠神社/宝光社

 

現地に到着し、最初に訪れたのは『宝光社』となります。

まずは、このような鳥居からスタートします。

(これが、この後続く階段地獄の始まりでもあります...。)

IMG_2092

 

狛犬を通り抜けて、すぐに階段...。

IMG_2096

狛犬の横には、季節外れの紫陽花が咲いていました。

IMG_2095

 

結構な階段を上り切り、ようやく『宝光社』本殿に到着しました。

IMG_2098

 

宝光社の横には、お神輿が展示されています。

IMG_2099

 

祭神は天表春命(あめのうわはるのみこと)で、中社の祭神である天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)の子です。

ガイドによると、天表春命(あめのうわはるのみこと)はこの神輿に載って、父親であり中社の祭神である天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)に会いに行くのだそうです。

 

 

戸隠神社/火之御子社


『宝光社』の奥から、下記のような山道を抜けていきます。

IMG_2100

途中には、

IMG_2101

IMG_2102

がありました。

 

山道を通り抜け、ようやく『火之御子社』に到着しました。

IMG_2103

IMG_2104

 

祭神は天鈿女命(あめのうずめのみこと)です。

天鈿女命は天照大神が隠れた天岩戸の前で面白おかしく踊って天照大神を誘い出すきっかけをつくったとされる女神とされ、舞楽や芸能、また火防の神となります。

 

『火之御子社』は、中核となる三社(『宝光社』『中社』『奥社』)と比較すると少し鄙びた感じが否めません。

このため、こうしたツアーから外されることも多いようです。

 

 

戸隠神社/中社

 

『火之御子社』の裏手を通り抜け、案内に従って進んで行くと車道に出ます。

その車道脇には、

IMG_2108

『親鸞上人御旧跡』の立碑がある立派な建物があります。

伝説によれば親鸞聖人が戸隠に来訪し、比叡山時代の旧知、寛信の寺である中道坊・行勝院に百日程滞在したそうです。

このお寺が現在は宿坊 武井として存在しており、宿坊の前には大きな親鸞聖人御旧跡の石柱と木柱があるのです。

 

このまま車道を上っていくと、

IMG_2109

『中社』の鳥居に到着します。

この付近には戸隠そばのお店も多く、当方もこちらのお店を利用しました。

IMG_2110

おろしそばと山菜天ぷらを美味しく頂戴しました。

 

その後またまた階段を上り、

IMG_2113

ようやく『中社』に到着です。

IMG_2114

この裏手には、このような小さな滝があります。

IMG_2115

当方は、『中社』の社務所で御神籤を引きました。

結果は、『吉』でした...。

 

 

戸隠神社/奥社・九頭龍社

 

その後、ツアーバスにて『奥社』の入り口まで移動しました。

到着後、まず向かったのはこちらです。

IMG_2116

IMG_2117

ツアーガイドによると、こちらの『くまざさ ソフトクリーム』が絶品とのことです。

当方も実際に頂いてみしたが、夏の暑さに染み入る味です!

一度、試されることをお勧めします!

 

その後、

IMG_2118

こちらの鳥居を抜けて『奥社』に向かいます。

『奥社』まではおよそ20分程掛かり、途中、最後の多分この五社めぐりの中で一番きつい階段が待ち構えているのです。

鳥居を過ぎてすぐ右横に、

IMG_2119

このような味のある祠が鎮座しています。

さらに進んで行くと、

IMG_2120

このような狛犬を通り抜け、

IMG_2121

鄙びた山門を通り抜けます。

その後、しばらく進むと階段が現れるのですが、これがきついのなんのって...、

しかもこれまで登った『宝光社』や『中社』の階段のように整然と整備されておらず、良く言えば自然のままの歩き難い階段なのです...。

このきつい階段を登りきる直前に、

IMG_2124

このような神聖な水場があり、こちらで水を汲んでいく人も沢山いらっしゃいました。

そして最後の階段を上りきると、

IMG_2125

ようやく『奥社』にたどり着きます。

IMG_2126

 

こちらの『奥社』の祭神は天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)で、天照大神が隠れた天岩戸をこじ開けた大力の神です。

 

そして、先ほどの階段を下った右手に、

IMG_2127

最後の『九頭龍社』があります。

 

祭神は九頭龍大神。

奥社のすぐ下にあり境内社のようになっていますが創建は奥社より古く、その時期は明らかでないそうです。

 

これで、『戸隠神社五社めぐり』を完全コンプリートしたことになります。

 

現地での滞在時間は凡そ3時間となり、そのほとんどが歩いているか階段を登っていますので、とても良い運動になる筈です。

(逆にバスの中はじっとしているか食事を食べていますので、カロリー的には相殺のような気がします。)

 

 

お勧めのバスツアー!

 

当方は上記の通り五社めぐりをしましが、帰宅してもう一度調べなおすと、三社めぐり(『中社』『奥社』『九頭龍社』)とはなりますが、下記の方がゆっくりできると思われます。

クラブツーリズム 戸隠三社めぐり

クラブツーリズム 戸隠三社めぐり 行程表

しかも、戸隠そばも行程に含まれているではありませんか!

 

もし、このツアーを申し込む場合、直接『クラブツーリズム』から直接申し込むよりもポイントサイトを経由した方が現金にも換金可能なポイントを獲得できてお得です。

そこで、どのポイントサイトを経由すべきかは下記にて検索可能です。

クラブツーリズム ポイントサイト

これによると『バリューポイントクラブ』が圧倒的にお得です。

『バリューポイントクラブ』は、アフリエイトサイトの『バリューコマース』が運営しています。

会員にはアフリエイト会員と一般会員の2種類があるようですが、アフリエイト会員の方がお得なようですので『ブログ』を運営されていなくてもアフリエイト会員になることをお勧めします。

 

『バリューコマース』の会員登録は、下記からどうぞ!

 

『バリューポイントクラブ』への会員登録は、『バリューコマース』のサイトの右上にあるバナーをクリックすることで簡単に登録できます。

バリューコマース

 

もしブログをお持ちなら、今ならサイトを登録して広告を掲載するだけで『300円』が貰えてしまいます!

 

 

まとめ

 

行き当たりばったりで、『戸隠神社五社めぐりツアー』を申し込んでしまいましたが、結構充実したバスツアーで満足度が高いものとなりました。

バスツアーは、自分で運転する必要もありませんおで、渋滞が予測される日程でもストレスなく参加することが可能です。

尚、記事中でも紹介しましたが、このような消費においてもポイントサイトを経由すればその費用の足しにもなりますので、大変お得です。

ご興味があれば、紹介した方法で『バスツアー』をお楽しみ下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です