【ハワイ旅行】2019年2月ハワイ旅行(1日目 成田国際空港出発⇒往路機内 編)

【ハワイ旅行】2019年2月ハワイ旅行(1日目 成田国際空港出発⇒往路機内 編)

 

準備編で記事にした通り、14年ぶりにハワイに行って来ました。

 

 

今回は、旅程1日目の成田国際空港出発⇒往路機内の様子を紹介します。

 

 

成田国際空港 チェックイン

 

搭乗する便はJALですので、第2ターミナルからの出発となります。

当方はJGC会員ですので通常ならJGCカウンターでチェックインするのですが、何故か当該時間は先客が専有していましたので、ビジネスクラス(搭乗券の指定通り)でチェックインしました。

IMG_1742

 

1日目はホノルル空港到着後にコナ空港へトランジットの予定です。

しかも航空券は、

 

成田⇒ホノルル : JAL特典航空券

20190215 東京 ホノルル

 

ホノルル⇒コナ : ハワイアン航空にて直接購入

20190215 ホノルル ハワイ

と別手配でした。

この際に何が面倒かというと、ホノルル空港到着後にスーツケースをピックアップして、第1ターミナルまで運び、再度ハワイアン航空でチェックイン⇒機外荷物の預け入れをしなければならないのです。

しかも、ハワイアン航空は機外荷物の預け入れに料金(※)が発生するというおまけ付きです!!!

※ハワイアンマイル会員  :1荷物=15ドル

  ハワイアンマイル非会員:1荷物=25ドル

 

実は、このような状況を事前に把握していましたので、JALでのチェックイン時に通しで発券(※)できないかを交渉するつもりでいました。

JALとハワイアン航空は、2018年3月より共同運航やマイレージ関連において提携しているからです。

すると、JALのチェックインスタッフ(きれいな女性の方)から『ホノルル到着後の乗り継ぎのご予定はありますか?』と質問してくれるではないですか!!!

渡りに船とはこのことで、『ハワイアン航空にてコナ空港へ乗り継ぎ予定で、チケットは別手配であるが、可能であれば通しで発券して欲しい』とお願いし、予約票を手渡しました。

その後、JALのチェックインスタッフ(きれいな女性の方)が端末をカチャカチャ操作すること数分後、にこっという笑顔と共に『発券できました!』と仰るではないですか!!!

もう、JALのチェックインスタッフ(きれいな女性の方)が女神に見えました!!! ←本当です!

このJALの神対応で、当方の懐は山の神(家内)の分も合わせて30ドル(※)も得したことになります!

※念のため、ハワイアン航空のチケット予約時にハワイアン航空のマイレージ会員登録は済ませておきました。無料ですし…。

 

これでホノルル到着後の懸念も霧散し、安心して出発できます。

 

 

成田国際空港 保安検査⇒出国検査

 

その後、山ノ神(家内)が成田空港を散策したいと宣う(当方は面倒臭かった…)ので、4Fのショッピングエリアをウロウロした後に3Fの保安検査に向かいました。

ここでもJGC会員のメリットを最大限に享受して、専用保安検査を利用しました。

IMG_1743

 

次は、出国検査です。

出国検査は、ご承知のとおり全面的に自動化ゲート(※)に切り替わっていますので、混雑する時期でもなければ列ぶこともありません。

自動化ゲート2

(「政府広報オンライン」より)

 

このおかげで、殆ど国内線に搭乗するのと変わらない(いえいえ、この日は空いていたのでそれ以上に早い)時間で制限エリアに到達してしまいました。

 

※実は、当方がこの自動化ゲートを利用したのは今回が初めてです。

前回の成田国際空港からの出国は2015年2月のベトナム旅行のことで、当時も既に併設されていたらしいのですが、面倒臭がって利用しませんでした。

 

 

『サクララウンジ』にてまったり

 

制限エリアに入ると搭乗開始まで特にすることもありませんので、これもJGC会員の特権(※)である『サクララウンジ』に向かいました。

IMG_1744

※今回はビジネスクラスですので、JGC会員であるなしに関わらず入場可能です…。

 

お腹も若干空いていますので、直ぐに4Fのダイニングエリアに直行しました。

IMG_1746

ダイニングエリア内は若干混雑していましたが、窓際に陣取り、ビールを頂きながら定番のカレーを頂きます。

IMG_1745

カレーに載せた天心も美味しゅうございました。

 

その後3Fに降りて、コーヒーを頂きながら搭乗までの時間を過ごしました。

IMG_1749

搭乗口は、ラウンジの直ぐ横でしたので搭乗予定の機材も眺めることが出来ました。

IMG_1747

 

因みに、前回の2015年2月のベトナム旅行の際には、当方はJGC Premier(通称 JGP)でしたので『ファーストクラスラウンジ』を利用しています。

流石に『ファーストクラスラウンジ』と比べると、『サクララウンジ』の料理や酒のレベルが若干落ちるのは否めません。

また混雑具合(※)も段違いにて、『サクララウンジ』は落ち着かないと感じてしまいました。

※プレミアムエコノミー利用者にも『サクララウンジ』を開放していることの影響が大きいと思われます。

 

 

ホノルル行の機内

 

ホノルルまでの座席は、『ビジネスクラス(JAL SKY SUITEⅢ)』です。

IMG_1750

IMG_1752

実際に着席してみると、密閉された空間に程よく機能が配置されているのがよく分かります。

 

離陸後シートベルトサインが消灯して間もなく、CAから機内食の『和』『洋』の希望を聞かれ、当方は洋食を選択しました。

IMG_1754

IMG_1753

メインの肉も柔らかく、『サクララウンジ』でカレーを頂いた直後にも関わらず、ペロリと平らげてしまうほどの美味でした。

 

 

その後、映画『ボヘミアン・ラプソディー』を視聴し、席をフラットにして若干ウトウトし始めた頃に、再度CAから声を掛けられました。
なんと先程夕食を食べ終えたと思っていたら、今度は朝食だそうな…。

 

 

朝食を食べ終わると、程なく着陸準備にてシートベルトサインが点灯します。
間もなく、オアフ島が見え始めました。

IMG_1755

 

あっという間に、ホノルル国際空港(ダニエル・K・イノウエ空港)に到着です。

IMG_1758

 

次回、ハワイ到着後の1日目に続きます。

 

 

まとめ

 

出発日の2019年2月15日(金)の関東地方は、極寒の状態で空港までかなりの厚着をしていました。

このため、成田国際空港でコート類を脱ぎ、スーツケースに詰め込む作業が必要でした。

スーツケースは、往路から8割方埋まった状態ですので、当然お土産を厳選する必要に迫られます。

今回のハワイ旅行は、往復共に『ビジネスクラス』をマイルによる特典航空券で手配し、満足感も高いのですが、往路は僅か6時間弱のフライトですので『プレミアムエコノミー』で十分というのが実感です…。

 

 

『ハワイ旅行記』の第2回目『ホノルル空港⇒コナ空港⇒ホテル到着』は、下記からどうぞ!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です