【EPOSカード】ゴールドカードが到着⇒株主優待登録!

【EPOSカード】ゴールドカードが到着⇒株主優待登録!

 

当方は『EPOSカード』をメインのクレジットカードとして利用しており、ゴールドカードのインビテーションが届いたことを記事にしました。

 

 

早速申込みを済ませ、早速9月16日(日)に申込みを済ませたところ、9月23日(日)にカードが到着しました。

※実際には9月21日(金)に郵便局から不在者連絡を受けとっいていましたので、わずか5日で発行されたことになります。

 

 

手紙によるインビテーションカードも到着

 

既に2018年9月13日(木)に『EPOS Net』にてゴールドカードへのインビテーションを受けており、上記の通り9月16日(日)には申込みを済ませていたのですが、なんと手紙でも『ゴールドカードのインビテーション』が届きました。

DSC_0002

 

内容は下記の通りです。

DSC_0003

 

ゴールドカードへの切替は、『EPOS Net』か『丸井』等に設置されている『エポスカードセンター』で手続きが可能ということですので、あまりネットを使わない人で実際のカウンターで手続きをされる方向けと捉えるのが正しいのでしょうね。

 

 

ゴールドカード到着

 

ゴールドカードは、9月23日(日)にカードが到着しました。

epos gold

上記はイメージ図ですが、シンプルで威厳のあるゴールドカードだと思います。

 

そして『EPOS Net』で到着手続きを行うと、

EPOS NET

カードのイメージ表記もゴールドカードに変わっていました。

 

早速、登録した3つの利用先のポイントが3倍になる『選べるポイントショップ』の登録を行いました。

選べるポイントショップ 例

毎月発生する支払のポイントを3倍にすることができるのですから、登録しないなんてありえませんよね!

 

因みに当方は、

1.ガス会社

2.新聞

3.通勤経路の鉄道会社(※)

を登録しました。

 

※『選べるポイントショップ』は、3か月毎に見直しが可能です。

つまり今回選択すると次回の変更は12月となり、その次は3月になります。

現在、ちょうど通勤定期の更新時期にあたりますので、『通勤経路の鉄道会社』を選択したのです。

 

また、つい先程気が付いたのですが、『EPOS Net』には下記のような

ボーナスポイントメーター

『ボーナスポイント到達メーター』(当方命名!)がありました。

 

ゴールドカードの場合、下記のように利用金額によりボーナスポイントが貰えますが、

ゴールドカード ボーナスポイント表

『ボーナスポイント到達メーター』(当方命名!)により、『Pratinumカード』のインビテーション基準である『利用金額=100万円』が容易に把握できます。

『Pratinumカード』を目指す当方にとって、これは本当に有難い機能です!

 

 

『丸井』株主優待手続き

 

実は既に売却してしまいましたが、当方は2018年3月末時点で『丸井』の株主(500株)でした。

このため、既6月頃に『丸井』から株主優待の案内を受け取っています。

DSC_0004

内容は下記の通りです。

DSC_0005

1.お買い物券    ・・・ 2,000円分

2.Webクーポン ・・・ 2,000円分

3.エポスポイント ・・・ 2,000ポイント(Gold/Pratinumカードは2倍!)

 

Gold/Pratinumカードは2倍なため、インビテーションされるのを見越して待機させておりました。

これでようやく申請ができます。

株主優待の取得方法は、下記の通りとなります。

 

申請画面(WEB) ⇒ https://voi.0101.co.jp/voi/shareholderCourtesy/shrhldrCourtesyDisplay.do

 

■「株主様ご優待特典」書面の用意

優待引換1

 

■引換え登録用ホームページを開く

優待引換2

 

■エポスカード番号/名義確認

優待引換3

 

■確認画面

優待引換4

 

以上で手続きは終了です。

エポスポイントは、原則、引換え登録日の翌日に反映されます。

 

当方の申請結果は下記の通りです。

株主優待申請結果

4,000ポイントが反映されていますね!

 

 

まとめ

 

『EPOSカード』は、Goldカード以上でその真価が発揮される所謂『出世カード』です。

ここまでは年会費無料で到達できますので、絶対に申し込むべきGoldカードだと思います。

その後の『Platinumカード』を手に入れるべきかどうかは、各々の考え方の違いで判断が分かれるかもしれません。

当方は、そのベネフィットの大きさから『Platinumカード』を目指したいと考えています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です