【株式投資】2018年11月3週の状況

【株式投資】2018年11月3週の状況

 

今週の株式相場は、11月13日の『アップルショック』に尽きますね!
11月13日の日経平均は459円下落していますが、一時800円に迫る下げ幅でしたので、振り落とされた方も多かったのではないでしょうか?

 

11月13日の日経平均チャート

20181113 日経平均 マイナス459円

 

 

2018年11月3週の日経平均

 

下記が2018年11月3週の日経平均チャートとなります。

日経平均201811月3週

 

11月13日の『アップルショック』による値動きは激しかったですね!

しかし、タラレバではありますが当日の10時までに優良銘柄を仕入れることができれば、その日のうちにプラスにすることも可能な相場状況でした。

皆さんの資産状況は如何でしたか?

うまく波に乗れましたでしょうか?

 

 

今週の教訓

 

当方は、先週の段階で11月12日(月)の日経平均が落ちると予想しておりましたので、11月12日(月)に買付余力の大半を使ってしまいました。

このため、11月13日(火)はヤキモキしながら相場を眺めざるを得ず、若干の現物買増しを行うに留まってしまいました。

このことから、保有株式がほとんど無い状態から買付に動く際には余力の1/3以下に留めるというマイルールを新たに加えたいと思います。

本当に、相場の波に乗るというのは難しいものですね…。

 

 

現在の資産状況

 

『今週の教訓』でも触れた通り、11月12日(月)に現物/信用の大部分を買付けました。

このため11月13日(火)の急落時には、現物は買増しましたが、信用は動くことができませんでした。

しかしながら、翌日(11月14日(水))の日経平均の動きは小ぶりでしたが、当方が保有している銘柄にはかなりの動きがありました。

中でも銘柄『v』は朝一から窓を開ける動きとなりましたので、マイルールの通り『成行売り』を掛けたのです。

このように11月14日の時点ではプラスを維持できておりましたが、11月15日と16日には残しておいた現物および信用銘柄が激しい動きとなり、現時点で、当方の資産状況はかなり厳しい状況になっています。

尚且、11月16日に信用売りを行った銘柄の先行きも見えない状況にあります。

 

資産評価状況

 

現在の資産評価状況は下記の通りです。

資産評価額20181117

 

 

まとめ(次週への展望)

 

現在、為替相場は大きな円高傾向となっており、短期的には日経平均も若干の下落を覚悟せざるを得ない状況にあると思います。

為替相場

 

これが11月4週中に切り返すのか、それとも11月5週に持ち越すのかで、日経平均の切り返しも変わってくると思います。
このため、現在の当方の銘柄保有状況は非常に悪い状態ですが、週中でおきる変化をよく見極めながら対処をしたいと考えています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です