【株式投資】2018年11月5週の状況

【株式投資】2018年11月5週の状況

 

今週の株式相場は、連日の上げ相場にて見ていて気持ちの良いものでした。

11月22日市場終了時から11月28日市場終了時にて、日経平均は704円も大幅に上昇しています。

週中で、米国の利上げが年内には行われないとの観測が流れ、相場の動きに拍車を掛けたものと思われます。

 

 

2018年11月5週の日経平均

 

下記が2018年11月5週の日経平均チャートとなります。

日経平均20181128

チャートから言えば、直近の底値は11月21日(水)の朝一が底値で、ここで仕入れることができれば1週間安心してポートフォリオを眺めることができた筈です

実は、このことは先週の記事でも若干触れていました…。

皆さんの資産状況は如何でしたか?

うまく波に乗れましたでしょうか?

 

 

今週の教訓

 

当方は、先週11月22日(木)の段階で信用で買付けた銘柄をホールドしたままにしておりました。

翌11月23日は、祭日にて株式相場はお休み⇒為替相場のみが動いている状況です。

しかも、11月23日の為替相場の終値の状況からは、11月26日(月)以降の株式相場がプラス or マイナスのどちらの方向にも動くように見えてしまい、不安のある状態で週末を過ごす結果となってしまいました。

ただし、暴騰レシオからみると株式相場は未だ過熱状態にはなく、今後の吹き上がりが期待できる状況ではあったと言えます。

 

為替チャート

為替チャート20181128

 

暴騰レシオ

暴騰レシオ チャート 20181128

 

この条件から、安心して週末を迎えるためにも、余程の自信がない限り信用でのホールドは出来うる限り最小限に留める方針としたいと思います。

 

 

現在の資産状況

 

上記の今週の教訓で記載した不安は、11月26日(月)の為替相場での大きな円安に伴い、一気に一掃されることになりました。

このため、11月22日(木)からの信用で持ち越した『銘柄 z” 』と『銘柄 u 』の含み益が増大しましたので、『銘柄 u 』の一部を現引きして残りを全てを売却しました。

また、先週からマイナスの評価損益となっているストレス玉=『銘柄 x’ 』を損切りしてしまいました。

『銘柄 x’ 』については週中上昇を見せ、そのままホールドしていれば13万円の利益を出すことも可能だっただけに、完全な失敗取引だったと言えます。(タラレバですが…。)

尚、11月26日『銘柄 z 』が朝一高値で、その後ずるずる下降の傾向を見せたので、再度信用にて買付けています。(『銘柄 z”’ 』)

 

その後11月27日は全く動けず、これ以降は仕事の関係で相場に向き合う時間がないため、信用での買付け銘柄を11月28日(水)に全て売却しました。

また現物についても、11月30日(金)がゴルフにて相場が見れないという事情、尚且、為替相場が11月29日(木)に若干円高方向に振れていることから4銘柄を残して売却をしました。

 

結果、今週の上昇相場に本当に乗れたとは言い切れませんが、かなりの利益を出すことに成功しました。

損益状況

 

現在の資産評価状況は下記の通りです。

資産評価状況

 

 

まとめ(次週への展望)

 

今週末は、上記の通りかなり身軽な状態で迎えております。

株式相場としては、未だ上昇余地は残しているものの、為替相場次第で若干の調整が必要だと想定しています。

手持ちが少ないだけに、仮に12月3日(月)以降に株式相場が上昇した場合には、後悔の念に駆られることもあるかと思います。

しかしながら、格言にもある通り『休むも相場』を念頭に、その後の上昇が見込めるような場面での売買を心がけたいと考えています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です