【ビジネス】オーダースーツの薦め

【ビジネス】オーダースーツの薦め

 

当方は、サラリーマンです。

しかも社外の方との面会が多い職種ですので、スーツ(背広)が必需品となります。

当方にとってスーツ(背広)は、作業着であると同時に戦闘服でもあるのです。

今回は、当方なりのスーツ選びの拘りについてを紹介してみたいと思います。

勿論、購買活動ですから、ポイント獲得にも繋げています。

 

 

既成スーツ時代

 

就職活動(相当昔のことです…)から社会人となり、30代前半までは当方も『既成スーツ』を購入していました。

当時は今以上に値が張って、5万円以上/1着はしていたと思います。

薄給でしたので、ボーナス一括払いが常だったのを覚えています。

今も健在ですが、丸井の『VISARUNO』が当時の当方の定番スーツだったのです。

丸井 VISARUNO

※丸井・通販サイトより

 

今回、この記事を書くために検索してみたのですが、現在はこんなにお買い得なんですね!

19800

ちょっとびっくりしました…。

 

余談ですが、当方のメインカードは『EPOSカード』ですので、丸井でスーツを購入していた時代であれば、相当ポイントも貯まった筈です。

 



 

オーダースーツとの出会い

 

既成スーツ一辺倒だった当方でしたが、結婚後、家内から薦められて小田急百貨店の某店舗にてイージーオーダーのスーツを初めて購入してみたのです。

セール品でしたので、生地はあまり選べなかったのですが、2着で79,800円だったのを覚えています。

下記がイージーオーダースーツをあつらえる際のおおまかな流れです。

小田急パターンオーダー

※小田急百貨店のwebページより

 

初めてのイージーオーダースーツは、少々お腹が出始めていた当方にとってジャストフィットしてくれましたので、その後既成スーツを買うことなど考えられなくなってしまったのです。

 

 

期間限定お買い得オーダースーツとの出会い

 

小田急百貨店で、オーダースーツのフィット感に惚れてしまったのですが、若干の不満もありました。

それは、やはり既製スーツよりも割高で購入時期はセール時に限られていたため、あまり生地の選択が出来なかったのです。

これを解消してくれたのが、当時の住まい近くの某縫製工場(オンワードの下請け工場)での季節限定セールだったのです。

製法工場ですので、生地は豊富に提供されており、当然流通経路を通っていませんのでその分安かったのが決めてです。

しかも、時折値札の間違い(安い方へ)も発生したりして、大変お得感が半端ではありませんでした。

もはや年2回行われる催し以外で、スーツを購入することなどあり得ない状態にまでなっていました。

 

しかし、これも突然に終わりを告げます。

残念なことに、この製法工場が突然倒産してしまったのです。

今思えばここでの年2回の季節限定セールも、大手の製造委託が海外に流れたことによる最後の『足掻き』だったのかもしれません。

 

これにより当方は、オーダースーツ難民となってしまったのです。

 

 

『SADA』との出会い⇒ついに『オーダースーツ難民』終了へ!

 

この後、福岡単身赴任時代には取引先の職域販売もあり、お買い得感はあまりなかったのですが、なんとか『オーダースーツ難民』を凌いでいたのが事実です。

しかし2015年に関東に戻ることになり、遂に当方の『オーダースーツ』調達に赤信号が点滅してしまいました。

これを解決してくれたのが、『SADA』との出会いでした。

 

当方は、あまり買い物が好きではありません。

尚且、人込みや売り子が寄ってくるような百貨店や紳士服専門店は好みではないのです。

それでネットにて『オーダスーツ』を検索し、住まいの近所に店舗があるお店を探してみました。

結果として、検索に引っかかったのが『SADA』だったのです。

 

実際に店舗に行ってみると、それ程広いお店ではありませんが生地の数も種類も十分ですし、専門店のため何より生地の決定から採寸まで無駄な動きがなく、時間が掛からないのが当方のスタイルにベストマッチしたというのが本音です。

しかも一度実店舗で採寸してしまえば、楽天市場にも出店してくれているため、余程体系が変わらなければネットで購入することも可能なのです。

この事実は、『ポイントを貯めてお得な生活する』という当方のポリシーにも合致します。

これで、遂に当方の『オーダースーツ難民』に終止符を打つことができました。

 

現在、楽天市場の『SADA』では、初回購入者に限り19,800円で『オーダースーツ』を購入できるキャンペーンを行っています。

『オーダースーツ』にご興味がある方は、値段も手ごろですので一度お試しになっては如何でしょうか?

再三申し上げますが、自分にジャストフィットする『オーダースーツ』は本当に半端なく快適ですよ!



 

まとめ

 

当方は随分長いこと社会人を続けていますが、サラリーマンには明らかに転機となる異動や昇進などのイベントが発生します。

特に、課長以上の昇進が一番大きな節目となることは衆目が認めるところです。

社内外からも、身だしなみを見られているのは間違いありません。

しかも通常そのような時期には、入社当時の体型を保てている人を数えるほどしか見たことがありません。

随分真面目に『オーダースーツ』の紹介をしてしまいましたが、まだご経験のない方には、上記のような節目に『オーダースーツ』購入えお検討されることをお勧めします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です