【共通ポイント】『ドトール』でのポイント獲得方針の変更!(その1『Tポイント』終了後を検討してみる!)

【共通ポイント】『ドトール』でのポイント獲得方針の変更!(その1『Tポイント』終了後を検討してみる!)

 

当方は、無類のコーヒー好きです。(ただし、コーヒー通ではありません。)

平日は、毎朝コンビニにて『タリーズ』シリーズのブラックボトルコーヒーを購入して職場で飲んでいますし、夜も自宅のコーヒーメーカーで入れたドリップコーヒーを飲んでいます。

週末には、喫茶店でモーニングを食べながらコーヒーを味わうことが既に日課にまでなってしまっているのです。

この週末によく利用するのが『ドトール』なのですが、皆様ご承知の通り、2019年4月19日をっもって『ドトール』『エクセルシオール』での『Tポイント』付与が終了してしまいます。

ドトール Tポイント終了

そこで、趣味(コーヒーを楽しむ)と実益(ポイントを獲得する)を実現するためにどうすべきかを考えていました。

 

 

2019年4月19日以降、『ドトール』『エクセルシオール』でのポイントはどうなる?

 

自分の生活圏に、他に当方が貯めているポイントを獲得できる喫茶店があればお店を変えるだけで終了なのですが、残念ながら対象となるお店は存在しません。

ならば、『ドトール』『エクセルシオール』を継続利用して『ポイント』を付与して貰える方法を探す必要があります。

 

因みに、『ドトール』『エクセルシオール』は独自に『ドトールバリューカード』を発行しています。

ドトールバリューカードJPG

実は、昨年『ドトール』でキャンペーンを行っている際に、無料にて1枚頂いたものが手元にあるのですが、『Tポイント』獲得を優先していたため死蔵していたというのが実態です。

そこで、『ドトールバリューカード』とはどんな特典があるかを調べてみました。(今更で申し訳ありません。)

 

 

『ドトールバリューカード』の特徴

 

■会計スムーズ

会計スムーズ

まぁ、これは当たり前かと思います。

 

■ポイント貯まる

ポイント貯まる

チャージ時、購入時共にポイント付与。

 2,000円以上チャージで金額の5%〜

 商品購入時:100円毎に1ポイント

 

■ポイント使える

ポイント使える

貯まったポイントは、10ポイント=10円単位でドリンク、フード、コーヒー豆など『ドトール』『エクセルシオール』の全商品で利用可能!

 

■ランクアップ

ランクアップ

年間のご購入金額に応じてランクアップ。

チャージ時のポイント付与率が最大10%まで上がるようです。

(ランクアップの適用にはマイドトールへの登録が必要。)

 

⇒シルバーランクの場合、2,000円以上チャージで5%が付与。

⇒毎年9月16日から翌年9月15日のご購入金額が対象となり、翌年10月1日から適用。

 

シルバーランクでも、かなりの還元率ですよね!

 

■クレジットカードチャージ

クレジットカードチャージ

いつでもどこでも簡単に、クレジットカードでのチャージが可能。

もちろん、毎月1日のチャージボーナスポイントデーも対象。

※クレジットカードからチャージするためには、『マイドトール』への『ドトールバリューカード』とクレジットカードの登録が必要。

  店頭でのクレジットカードチャージは出来ないようです。

 

このことから、 『ドトールバリューカード』へチャージ可能、尚且、チャージでポイントが付くクレジットカードを選択すれば良い ということになります!

 

 

『ドトールバリューカード』へのチャージで一番得するクレジットカードは?

 

『ドトールバリューカード』へチャージできるクレジットカードのブランドは、『VISA・Mastercard・JCB』だけです。

さらにネットで検索すると、一番お得にポイントを獲得できるのは『dカード』=『dポイント』のようです。

dカード

なんと、『dカード』から『ドトールバリューカード』へチャージすると『dポイント』が100円で3ポイント(3%還元!)も貰えます。

dポイント付与率

これは他のクレジットカードに比べれば圧倒的にお得です!

 

 

まとめ

 

『ドトールバリューカード』は、これだけで5%還元となりますので、『ドトール』『エクセルシオール』の愛好者にとっては圧倒的にお得な支払手段となります。

さらに、クレジットカード『dカード』からのチャージで3%分の『dポイント』が貰えてしまいます。

この組み合わせは最強と言っても過言ではありません。

 

しかし、当方は『dポイント』を若干貯めているものの、『dカード』はポイントカードのみの保持にてクレジットカードは所有していないのです。

そうであれば、直ぐにでも申し込み手続きをすれば良いのですが、ポイントサイトでの『dカード』申し込みに対するお得度が2019年3月の時点では低いのが実態でした。

このため、ポイントサイトで好条件が出揃うのを待つことにしたのです。

これが2019年4月に入り、大きく状況が変わりつつあります。

 

この続きはこちらの記事をどうぞ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です