【インターネット】プロバイダ変更をやってみた!(NURO光⇒ドコモ光 その1)

【インターネット】プロバイダ変更をやってみた!(NURO光⇒ドコモ光 その1)

 

当方宅は、2016年2月からNURO光(So-net)を契約しています。

というのも、この時点では山の神(家内)の携帯がSoftbankにて、NURO光にて光電話を同時契約すると携帯の月額費用が1,000円(税抜)割引になるからです。

実際には光電話が502円/月掛かりますので、498円/月が得になる計算です。(契約期間は2年間なので、トータルでは11,952円の得となります。)

NURO光は公称値にてダウンロード2Gbpsですので、この時点ではどの回線よりも高性能でした。

実際、レスポンスには満足していたのが本音です。

20160207 nuro光

しかしながら、2018年の2月に山の神は携帯をSoftbankからdocomoへNMPしてしまいます。

その時点でプロバイダ変更をしても良かったのですが、面倒臭がって継続契約(2年)してしまったのです。

 

 

プロバイダ変更のきっかけは、やはり山の神(家内)!

 

事態が動いたのは、今年(2020年)の正月休みでした。

山の神が、携帯をiphone8からXperia5に機種変更したのです。

Xperia5

この際に、docomoショップのお姉さんからインターネット回線を『ドコモ光』へ変更をすれば、携帯料金が1,000円(税抜)割引と売り込んできたのです。

『ドコモ光』の公称速度は1Gbpsですから、公称速度2Gbpsの『NURO光』には到底敵いません。

当然、当方はこんな誘いに乗る気にはなれませんでした。

しかしながらdocomoショップのお姉さんによると、携帯並びに『ドコモ光』料金を『dカードGOLD』で支払えば、10%のdポイントが付くというではありませんか!

これに山の神が反応してしまい、当方の意向に関わらず、この方向での検討がスタートしてしまいました...。

 

 

『dカードGOLD』の申し込みから入手まで!

 

『ドコモ光』を申し込むかは別として、携帯がdocomoである限り『dカードGOLD』での支払いがお得であることは間違いありません。

しかも『dカードGOLD』には、下記のような携帯補償が付帯しているのです。

 

dカードケータイ補償

dカードケータイ補償

※偶然の事故により紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損等)となってしまい、新たに同一機種・同一カラーの携帯電話端末をドコモショップ等で、契約中の『dカードGOLD』を利用して購入した場合、対象の携帯購入後3年間補償するとのこと!

(ただし修理費用を補償するものではありませんので、その場合には別途契約が必要になります。)

 

また、今『dカードGOLD』を申し込むと、下記のような特典もあるとのことです。

dカード入会特典

 

尚、クレジットカードの申し込みを行う際には、ポイントサイト経由がお得です。

そこで、山の神の『dカードGOLD』の申し込みに際して、どこのポイントサイトが得かを下記サイトで調べてみました。

dカード どこ得

上位に当方が活用している『ちょびリッチ』がありましたので、今回は『ちょびリッチ』経由で申し込むことにしました。

 

まずは、『ちょびリッチ』のトップ画面で赤丸で囲んだように『dカード』と入力して検索ボタンを押します。

ちょびリッチ トップ

下記の検索結果となりますので、赤丸で囲んだ部分をクリックします。

ちょびリッチ 検索1

下記の画面に遷移しますので、赤丸で囲んだ『サイトへ行く』をクリックします。

ちょびリッチ 検索2

これで下記の『dカード申込画面』となりますので、赤丸で囲んだ『新規入会の申し込み』から手続きを進めて下さい。

 

たったこれだけの手間で、22,250円相当のポイントが貰えてしまいますので、ポイントサイトを経由せずにクレジットカードを申し込むなど考えられませんね!

 

『ちょびリッチ』の申し込みは下記からどうぞ!

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

今なら会員登録だけで500ポイント(250円相当)が貰えてしまいます!

 

 

ここまでのまとめ

 

こんな経緯で、山の神が『dカードGOLD』を申し込むことになってしったのです。

しかし家の山の神、ついこの前までプータローをしておりまして、パートとして働きだしたのもわずか3か月前のことです。

こんな奴にdocomoはゴールドカードなど持たせてくれるのでしょうか?

尚、肝心の『ドコモ光』の申し込みは、『dカードGOLD』が発行されてからと考えておりました。

実はこの判断が裏目と出て、当方宅はギガ飢饉に陥ることになってしまいます。

このあたりの事情は、次回記事にしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です