【LINE Pay】(第二弾)2019年2月も初めての銀行チャージ1,000円以上で、500円相当の残高が貰える!⇒終了しました!

【LINE Pay】(第二弾)2019年2月も初めての銀行チャージ1,000円以上で、500円相当の残高が貰える!⇒終了しました!

 

1月も行われていたキャンペーンですが、終了したと思っていたら、なんと2月も開催するとのことです。

 

 

期間中に1,000円以上の“初めての銀行チャージ”をすると、なんと『LINE Pay』の残高500円相当が貰えます。

まだ『LINE Pay』を始められていない方や銀行チャージをしたことがない人にとっては、大きなチャンスとなりますのでお見逃しなく!

 

 

キャンペーン概要

 

キャンペーンの概要は下記の通りとなります。

 

【キャンペーン概要】

期間中に初めて銀行チャージを1,000円以上すると、500円相当のLINE Pay残高をプレゼント!

 

【キャンペーン期間】

2019年2月1日(金)0:00 ~ 2月28日(木)23:59

 

【対象】

LINE Payに、“初めて”銀行口座からのチャージを行う方

 

【チャージ方法】

ウォレットタブから「残高」をタップ > 銀行口座を選択し、銀行情報を入力します。

 

チャージ方法

 

最終的に「各銀行のサイト」に移動しますので、そこで必要事項を入力し連携を完了します。

連携完了後、 チャージ > 銀行口座を選択し、ご登録いただいた口座からチャージを行うことができます。

 

 

LINE Payの安全性


『LINE Pay』は、国際的なセキュリティ認証を取得(PCI DSSやISO/IEC 27001に準拠)しており、セキュリティに関する様々な取組みを行っているそうです。

セキュリティ

 

■銀行口座情報の暗号化

銀行口座情報やカード情報は全て暗号化して保管され、支払先の店舗にも送金先の友だちにも情報は渡らない。

 

■認証情報(暗証番号など)はLINE Payでの未保持

銀行口座登録時に入力する暗証番号などは、LINE Payでは保持していない。

 

■24時間365日のモニタリング体制

悪質な利用や、不正行為の拡大を未然に防ぐ取り組みを常に行っているそうです。

 

■“万が一”の第三者による不正利用は、LINE Payが補償

LINE Payの補償制度は、送金・決済・出金、全て*が補償の対象となり、損害額はLINE Payがカバーしてくれます。

*被害者の責任が認められる金銭移動は除外。

*損害発生時から、30日以内の申し立てが必要。

*LINE Cashアカウントの1事故あたりの補償限度額は、原則10万円。

*LINE Moneyアカウントの1事故あたりの損害額が10万円を超過する場合は、補償限度額の引き上げを個別検討する。

 

■チャット形式でサポート=「トークで質問」機能

LINE Payのサービスに関するトラブルの際に、チャット形式でサポートを受けられます。

この機能はLINE公式アカウント「LINE Payお問い合わせ」からご利用可能。

 

 

まとめ

 

2019年1月31日に『LINE』の決算発表がありました。

2018年12月期の連結決算は、最終損益が37億円の赤字となったとのことです。

これは、『LINE Pay』への投資が原因とのことです。

スマホ決済『LINE Pay』の導入が国内で133万カ所となり、国内外合計の決済高は1兆円を超えたが、普及にかかるコストが重くのしかかっているとのことでした。

しかしながら、これは『LINE』の将来の成長への投資と捉えるべきです。

その証拠に、決算発表の翌日の『LINE』の株価は下げるどころか大きく上昇をみせているのです。

20190201 LINE株価

 

『LINE』は、今後もしばらく『LINE Pay』普及のための手を緩めることはないと思います。

つまり、我々消費者にとってお得なキャンペーンが継続的に提供されるということです。

その証拠に、現在下記のようなキャンペーンも同時開催されています。

 

ひふみキャンペーン

ひふみキャンペーンurl ⇒ https://ec.line.me/section_cp_123hifumi

 

LINEギフト

LINEギフト半額キャンペーンurl ⇒ http://pay-blog.line.me/archives/15169052.html

 

是非、見逃さずにご活用下さい!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です